本文へスキップ

TEL. 03-3622-2601

〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋2−14−6

清雄寺について

 文明開化を旗印にして、躍進し続けた明治時代。その時代の中心である東京において、御弘通に奔走され、関東における佛立宗(本門佛立講)の礎を築かれたのが日教上人です。

             日教上人のお墓

 明治元年、東京は、政治、経済、文学、美術などあらゆる文明開化の中心となりました。
当時、主に関西地方に拠点を置いていた佛立宗にとっても、この東京 は日本全国への御弘通発展において欠かすことのできない、要の地として重要視されるようになっていました。

明治十五年、日教上人は開導聖人の命を受け上京 し、その御弘通にあたられました。
そして御弘通の拠点を本所の清雄寺におかれ、一生を捧げられ、明治の御代の終わりと時を同じくして一期の化導を終えられ ました。
墓地には当山歴代住職、当山第十八世・佛立第四世講有日教上人、当山第二十世・佛立第十六世講有日幹上人をはじめ、横綱玉錦(たまにしき)、大関九州山(きゅうしゅうざん)等の二所ヶ関(にしょがせき)部屋有縁(うえん)の墓や、歌舞伎役者竹本土佐太夫(たけもととさだゆう)の墓などがあります。

 
          
日教上人彰徳碑

 後に宗門の発展に大きく貢献されたとして、日教上人は「関東開発教導の師」と褒め称えられ、清雄寺を「関東根本道場」と称するようになりました。関東一円はもちろん、そこから教線を延ばしていった佛立宗は、日教上人なくして語れず、時は明治、人は日教上人、処は清雄寺、ここから関東佛立宗は、歩み始めて今の清雄寺に至ります。



バナースペース

清雄寺

〒130-0001
東京都墨田区吾妻橋2−14−6

TEL 03-3622-2601
FAX 03-3622-2865