本門佛立宗 覚英山 清雄寺 写真ギャラリー

                (写真をクリックしますと拡大表示されます。)

            本堂内外


        勝田蕉琴
(日本画家) かつた しょうきん
            1879年(明治12年)生 〜 1963年(昭和38年)没。
            福島県東白川郡棚倉町に生まれる。本名・良雄。
            会津の日本画家・野出蕉雨に師事、蕉琴の号を受ける。
            橋本雅邦の門下。東美校卒業後、岡倉天心の推薦で渡印。仏画制作と仏教美術研究に従事。
            文展・帝展を中心に活躍。狩野派の筆法を伝える花鳥画で定評を得る。
            1998年(平成10年)、福島県立美術館で「反骨の画家 勝田蕉琴展」が開催された折りには、この鶴の絵が
            代表作として正面に飾られた。


           佐藤玄々(彫刻家) さとう げんげん
           1888年(明治21年)生 〜 1963年(昭和38年)没。
           福島県相馬郡中村町の宮彫師の家に生まれる。本名・清蔵。
           17歳で上京し、高村光雲の高弟・山崎朝雲に師事、「朝山」の号を与えられる。
           34歳の1922年、官費留学によりフランスへ渡り、アントワープ・ブルーデルに近代彫刻の粋を学ぶ。
           1948年に独立して、「玄々」と号する。
           昭和を代表する木彫界の巨人と称される玄々氏が、1951年(昭和26年)制作した日本橋三越本店の中央ホールに
           1階から4階まで吹き抜けでそびえる「天女像・まごころ」(鉄骨基礎の上に檜材・木彫彩色)が、有名であるが、当山
           本堂内外の彫刻の数々は、50歳の昭和15年頃、福島県下の豪農の屋敷内に5年間籠り、心身込めてケヤキ材を
           彫り出し制作したもので、のちの天女像の原作ともいえる力作。





                                              このページの先頭へ


                    清雄寺の沿革へ戻る